体験談や口コミ

36歳の独身男性の親が結婚相談所を利用して相手女性を仲介してもらいました!

私の義理兄の婚活の話です。ちなみに義理兄は36歳の独身男性です。

義兄は実家の自営業をするために、勉強、そして修業期間が長く、自営業を継いだ後もしばらく自由気ままな生活な生活を送っていました。そのような息子がいると、両親は頑張ってしまうものですね。そしてそのような親のための婚活、お見合い、結婚相談所等がたくさんあります。親がいくら頑張ったところで、本人のやる気が全くなければ実を結ばないとわかっているにも関わらず。

義兄はそんな両親の努力に目を向けながらも、全く本人は結婚の希望も意志もなく、遊んでいました。しかしながら、ある時、運命的な出会いがあったのです。

親が息子のために結婚相談所を利用する

両親は、義兄のために一人の女性を選び、そして会うための場所をセッティングしました。その時には、結婚相談所を介していました。結婚相談所は、その地域で長年仲人をしていた人が行っていました。長年の経験から、義兄にあうと思われた女性は、兄よりも年上の女性。義兄は、全然乗り気ではありませんでしたが、一目見て、また会話を来て、この女性だと思ったようです。

これまで義兄は、親の言われるままの道を歩いてきました。将来を決める時も親の仕事を継ぐということを子どもの時から言われていたため、自分で何かを決めるということがほとんどなかったそうです。その結果、女性に対しても消極的。義兄から誘うということが全くなく、そのため女性には全くなれていませんでした。
そんな兄の生活歴や性格を知った結婚相談所の人は、年上の女性を準備したのでした。

結婚相談所の職員が性格や人柄を見極めてくれた

兄には、積極的で引っ張ってくれる女性があうと判断したのでしょう。そして消極的な義兄には年上で多少グイグイ引っ張ってくれるくらいの人がちょうど良いと考えたのです。

その女性に会うまでは、そのセッティングされた場も義兄は行きたくない様子でした。しかしながら、いざ女性に会ってみると、ドキドキしたみたいです。またその様子を見た両親は大喜び。これですべてがうまくいくと考えたそうです。

実際にどうなったか?義兄はやはり消極的でなかなか女性をデートに誘うことはできませんでしたが、女性のほうがうまくリードをしてくれて、何回かのデートを重ねました。年上の女性って、年下の男性のことが可愛いのでしょうね。

義兄を見て私は何とも思わないのですが、これまで未婚の女性で、40代になってから初めて年下の男性と付き合うということは、刺激的で楽しいものだったようです。また40代女性は自分より若い男性と付き合うことによって、若返るのですね。

義兄もまんざらではなく、その女性のことをあまり話したがらないけれど、うきうきした気分で毎回出かけて行っていました。そしてその付き合いはどんどん続き、今は二人で仲良く過ごしている義兄がいます。

結婚相談所は仲介型がおすすめ

やっぱり結婚相談所って、ただ登録して紹介してもらうだけではなく、自分のことをよく知った上で女性をマッチングしてくれる信頼できる人を選ぶべきですね。そうすると、自然とうまくいくのではないでしょうか。

-体験談や口コミ
-, , ,

© 2020 【最新】40代女性で婚活を成功させる方法!モテる女性の本質を知ろう!