体験談や口コミ

婚活は勉強して成長させるものです!

20代後半になってから周囲の友達が結婚し、環境の変化に戸惑い始めて焦った感じで婚活を始めたころは、合コンとは行くと男性に出会うことはあっても、どの様に初対面の男性と会話してよいのか戸惑っていました。

よくあるパターンといえば、相手に好意を持ってもらおうと趣味や興味があることに対して、自分も同じように好きだとアピールをし会話を合わせることです。

本当に趣味や趣向が同じだとマニアックな会話にも付いてゆけるが、タイプの男性とはいえ違う趣味だと会話を弾むためにも、ネットや雑誌を見ながら勉強しないとならないことから、地道な努力が必要になってきます。

相手は陰ながらの努力は知らないけど、自分と趣味や興味を持っていることが同じだと思うと好意的な気持ちになります。

話をしたいとは思っている反面で、どれくらいマニアックなことを知っているのかも判断したいので、趣味や興味があることに対しての知識を披露しますが、もともと興味がなかったので知識も浅く、マニアックな会話も付いて行けないことから長時間会話することもできなく、1回、2回目のデートの後に連絡自体がなくなることも出てきます。

最初の1回はまた今度があると希望を持つこともできましたが、何度も同じことがあると雑学ばかり増えてきて、気力と体力がなくなってくることから、このパターンで失敗した後ほど自然体で接することができる男性と出会いたいなと節に願ってしまいました。

-体験談や口コミ
-, , , ,

© 2020 【最新】40代女性で婚活を成功させる方法!モテる女性の本質を知ろう!