アラサーやアラフォーで彼氏ができない、出会いがないと悩んでいる女性を応援する情報を発信中です!気になる男性の落とし方から恋愛に自信がない人もモテる方法教えます。彼氏欲しい30代は参考にしてください。誘い方やアプローチの仕方などやさしく解説しています。

彼氏欲しいアラサーやアラフォーのための気になる男性の落とし方!

30代の女性が幸せな結婚をするための方法

30代女性の結婚が厳しくなっている理由とは?アラサーから結婚できる確率が激減!?

投稿日:

「30代の婚活」とインターネットで検索してみると「確率」「遅い」といった厳しい言葉が沢山でてきます。

「30過ぎると結婚はどんどん遠ざかるって本当?」

「じゃあ30超えたらどうやって婚活したら結婚できるの?」

「てっとり早く30代で結婚にいくつく方法を教えて!」

このように思いながら更に検索を続ける人も多いのでは?

ここでは、そんな30代でも独身の女性に向けて、30代ってどんな状況にいる立場なのかということや、これから婚活をする時にはどんなことに気をつけながら遂行していくべきなのか紹介します。

結婚したいけど気がついたら自分は30代で未婚だった・・・という方の参考にしてください。

30代ってどうして結婚が難しくなるの?結婚できる人はどのくらい?

【結論を求める前に確認!】30代の女性が婚活をすると、こんな状況になる確率が高い!

少しきつめですが、まずは現実を見てみましょう。30代女性の婚活データから確認です。

30代の未婚率って、今どのくらいなのでしょうか?そこから始めたいと思います。

大体、このデータを見ると「このくらいなら結婚しやすいんだな」ということが分かるので、そこから自分はどのくらい婚活から結婚にすすめるのかを見てみましょう。

●未婚率はこのくらい!30代女性の場合・・・

ここでは、平成27年度に総務省が行った調査をご紹介いたします。

http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka/pdf/gaiyou1.pdf

・25~29歳までの方の未婚率は61%
・30~34歳までの方の未婚率は34.7%
・35~29歳までの方の未婚率は23.3%

国勢調査 抽出速報集計結果より

このようになっています。

上記のように20代後半では多くの女性が結婚していることが分かりますが、30代を超えてからの結婚率は次第に少なくなっていることが分かりますね。

この数値からもわかると思いますが、30代から結婚をしようとするとかなり難しいのが現状なのです。
20代と比べると、本当に大変な道のりになりそうなことが想像できます。

次に、結婚していない女性が5年以内に結婚できるのかどうかもデータとして紹介します。

【30代の女性が5年以内に結婚できた確率】

30歳→33.5%
31歳→30.4%
32歳→27.3%
33歳→24.3%
34歳→21.0%
35歳→12.6%
36歳→9.1%
37歳→5.9%
38歳→4.5%
39歳→1%以下

※https://xn--n8jubya0014btsyb.jp/wp-content/uploads/2015/07/85eb6b481c048013f6c254214f460010.png
を参考にしています。

恐ろしい数字だと思う人もいるかもしれませんね。
35歳を超えると10人の内5年以内に結婚するのはたった1人・・・。

つまり、35歳を過ぎている女性の場合は90%くらいの方が結婚は不可能だということになります。

「喧嘩うってるつもりかー!!」と思うかもしれませんが、これは実際に国が調査した結果なので本当のデータ。

まずは、自分の年齢では結婚がどのくらいの確率になっているのかということを確認した上で婚活を行っていきましょう。

どうして難しい?30代女性がなかなか結婚できない理由

30代女性がどうして結婚は難しいと考えられているのか?その理由は3つあります。

  • 結婚しやすい20代がライバルになるから
  • 客観的に自分を見にくい年齢だから
  • 結婚を望まない男性も多いから

もっと詳しく紹介しましょう。

結婚しやすい20代がライバルになるから

30代で結婚したくても上手く結婚までいきつかない女性によくある共通点としては、20代の女性とお付き合いしそうな男性と結婚しようとしていることがよくあります。

そもそも、30代の女性はどのくらいの年代の男性に結婚願望を抱きやすいのかというと、大体20代後半から30代の半ばくらいまでの方です。時には30代でも後半でもOKという方もいるかもしれません。

でも、この年齢幅だと他の未婚の女性達もこぞって結婚したい年齢層。
そのため、多くのライバルが自分と結婚できるようにチャンスを狙っているのです。

これはどうしてかというと、人気のある男性は30代の女性でなくても20代の女性もアプローチしていることが多いから。

実際に、婚活を行っている人達で20代後半~30代後半までの人気の高い男性と結婚したいと考えている女性は、20代が一番多いことがわかっています。

その背景には、「男性は結婚したからには自分の子供がほしい」と考える方が多いという理由があります。

確かに、30代よりも20代の方が妊娠率は高いので20代の女性と30代の女性が1人の男性に同時にアプローチをした時には、20代の女性の方へいくことが多いのです。

20代という結婚しやすい年齢と戦うことが強いられる30代だからこそ、上手く婚活が進まないという理由があるということですね。

客観的に自分を見にくい年齢だから

結婚をしたいのであれば、やはり内面も磨く上で自分のことを客観しして常に性格を良い性格にするよう努力することも大切。

これって、普通に考えたら当たり前だと思うかもしれませんが、いざ婚活の場所に行ってみるとこれを意識して行動している女性の方って意外と少ないのです。

その中でも30代というくくりの女性は自分が想像している姿と外野が感じている姿のギャップが広いことが特徴。

例えば、20代の時には常に彼氏がいてモテモテの状態だったのに30代になった途端に、彼氏ができにくくなったというのはよく聞きますね。

この場合、30代未婚の女性は自分はまだまだモテていると勘違いをしたままなので、婚活をする時の男性の理想も決して下げないのが原因です。

でも、30代の未婚の女性の場合ですと外見や年収などの相手に求めているスペックを少し緩めても良い時期なのです。

しかし、スペックを緩めることができないので、いつまでたっても自分の理想の人が現われず、結婚対処の相手が見つからないまま未婚になってしまいます。

こういうことがあるから、30代の未婚の女性は結婚するのが難しいと言われてしまうのです。

結婚を望まない男性も多いから

まだまだ30代の女性が結婚できない理由はあります。
次は、男性が結婚を望まない人が増えたからという理由です。これ、かなり最近増えてきてます。

※参照データ
https://xn--n8jubya0014btsyb.jp/wp-content/uploads/2015/04/8087a7ed1355a1164a468bb95ee89315.png

2015年の調査によると、何と40代では3人に1人は結婚をしていないという衝撃的な結果が。
昔では考えられないことですよね。男性がこれだけ未婚だということは、それに伴って女性も結婚できませんよね・・・。

草食系男子が結婚しにくくなっているから

草食系男子が結婚する手段としてはお見合い結婚がありますが、このお見合い結婚は年々減少してきています。

【お見合い結婚の減少】

国立社会保障・人口問題研究所 出生動向基本調査からのデータです。

お見合い結婚は、1980年では29.4%ありましたが、2010年ではたった5.2%という少ない数字になっています。

お見合い結婚ができる機会が少なくなってきているのなら、草食系男子は結婚を自分からしたがりません。
これはどうしてかというと、自分が頑張るくらいなら1人で気楽に過ごしていた方が楽だから。

また、社会のあり方も変化していることが原因にもなっています。
昔は結婚していないと少し偏見な目で見られて昇進できなかったりしたものですね。

しかし、今では独身でもそれなりに認められていれば、どんどん昇進することは可能になり、以前に比べると独身だからと揶揄されることも少なくなっているので、草食系男子も結婚していなくても何とも思わないのです。

その結果、女性の方からアプローチされない限りは、草食系男子は付き合いへと進まないのです。

また、結婚となると更に草食系男子はハードルが上がります。
かなり女性の方から圧力をかけない限りは結婚までいきつくことができない場合があります。
そのため、40代になっても独身ということも増えてきているのです。

このような草食系男子の場合、「結婚するなら、20代のかわいい子とならしてもいいかも♪」くらいに軽く思っているのです。
つまり、草食系男子の結婚対象からも30代未婚女性は外れてしまっているということ。

そのため、本当に結婚を焦っている30代や40代の未婚率がどんどん上昇します。

結婚に興味が湧かないから婚活も必要ない
先程、結婚したいと考えている人の数も少なくなってきていることはご紹介しましたね。

婚活を実際に1度でもやったことがあるという方は男性も女性も年々少なくなってきていることも分かりました。

では、どうして経験がないのかというと、「そもそも結婚にあまり興味がない」と答えている方が多かったのです。
その数、男性の場合は昔は38.2%だったのが今では58.4%に増加、女性の場合も昔は31.3%だったのが50.9%にも上っています。

落ち着いて考えてみると、婚活をしてもいい年齢の約半分くらいの方が結婚に興味がないと言っているのですから、本当い結婚したいと思っている人からするとこの数は大変ですよね。

だって、未婚の人の中でも半分くらいの興味のある人としか婚活をしても上手くいかないということなのですから。
では、次に、30代の未婚女性に現実に起きていることを見てみましょう。

「30代の女性が結婚するのは大変!」。この現実の証拠となるものの一つに日本が調査した未婚率のデータが関係しています。
国立社会保障・人口問題研究所という所が未婚割合を調査したデータを紹介したいと思います。

そもそもよく言う「未婚率」という言葉の意味は、「今までで1回も結婚をしたことがない人の割合」のことを指します。
そして、この未婚率というのは二つに分れます。それは、生涯未婚率と年齢別未婚率です。

文字の通りですが、年齢別未婚率とは年齢を区切って未婚データを出しているものです。
では、生涯未婚率とはどういうことなのかというと、50歳になっても結婚していない人達を、その先も結婚しないだろおうと仮定をして、
一生涯独身である割合を出すデータです。

・生涯未婚率は1980年~2015年まででどう変わった?
まずは、1980年から2015年までで生涯未婚率はどのように推移していったのか見てみましょう。

1980年の時の生涯未婚率はというと、男性では2.6%、女性は4.45%という本当に少ない割合になっていることが分かります。
つまり、ほとんどの男女が結婚をしていたということですね。特に男性の方が結婚率は高いですね。

では、2015年を見てみましょう。2015年では男性の未婚率は23.37%でs。そして女性は14.06%となっています。
男性・女性ともにかなり未婚率が増えていることがすぐに分かりますね。

その中でも男性の未婚率が高いことが特徴的です。女性だけで考えてみるとこれだけでは未婚が増えているとははっきりと言えない所がありますね。

・年齢別未婚率は1985~2015年でどう変わった?
今度は、5歳ずつに区切って未婚率の推移を確認していきましょう。
今回は1985~2015年までです。

男性の5歳毎に区切った未婚率です。

25~29歳・・・1985年では60.6%だったのが2015年では72.7%
30~34歳・・・1985年では28.2%だったのが2015年では47.1%
35~39歳・・・1985年では14.2%だったのが2015年では35.0%

女性の5歳毎に区切った未婚率です。

25~29歳・・・1985年では30.6%だったのが2015年では61.3%
30~34歳・・・1985年では10.4%だったのが2015年では34.6%
35~39歳・・・1985年では6.6%だったのが2015年では23.9%

この数字で良くみていただきたい所は、1985年の未婚率の時には男性の未婚率が女性よりも2倍にもなっていたということです。

でも、女性の未婚上昇幅はかなり大幅に増えていることが分かりますね。
この30年の間に女性は男性の未婚率に近づいてきたのだなということが分かります。
そして年代で分けてみると30代よりも20代の方が未婚率が高くなっていますね。

こうやってみると、30代の女性って未婚が多いと言われているものの、あまりデータとしては読み取れないですね。
このデータをみる限り、30代の内に結婚をする女性の方が多くいることが分かりますし、結婚しない女性についても年代毎では同じように増えているのが分かります。
そして、生涯未婚率と年齢別未婚率は女性よりも男性の方が多いということが判明しました。

若い女性の方が結婚がスムーズって本当?

上記のデータを見ても、30代の女性が結婚しにくいとは思えませんよね。
でも、どうして結婚しにくいと言われているのでしょうか?実はちゃんと二つの理由があるのです。

男性が好きなのは若い人!だから30代よりも20代が結婚しやすい!
30代女性というと、キャリアウーマンでしっかり者!男性が引いてしまうこともある!
この二つのことって本当なのでしょうか?

この二つの理由ってよく言われることなのですが、ちゃんとしたデータがあります。
まずは、ニッセイの基礎研究所が論文を提出した、
『「年の差婚」の希望と現実-未婚化・少子化社会データ検証-データ
が示す「年の差」希望の叶い方』(天野馨南子、2017)というものです。

ここには、男性と女性が実際に求める年の差はどのくらいなのかということと、それに対して実際に結婚した年の差をデータ化したものです。

・男性と女性の希望する年齢が合わない!
まだ結婚していない男性と女性が「結婚するならどのくらいの年の差がいいのか」をご覧ください。
このデータは、国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査(独身者調査)」(2015年)から抽出しています。

このデータから分かることは、未婚の男性も女性も希望する年の差は1.2歳差だということが分かります。
約6割がこのくらいの年の差を希望していました。

この6割くらいの男性と女性が年齢を条件にして出会えば結婚できる可能性は高くなりますが、5歳差を希望している方ですとマッチングしなくなるのです。

まずは男性です。男性の場合、5.6歳年下の女性を希望する人は全体の14.5%程度で7歳以上離れている人を希望sるのは8.5%です。
女性の場合はどうでしょうか?女性の場合は、5.6歳年上の男性を希望する人は全体の12.0%になり、7歳以上の年上の男性は5.6しかいません。

ということは、5~7歳くらい年下の女性を求めている男性の23%と1.2歳年上のの男性を希望している女性とのマッチングが増えれば増えるほど、
若い女性が有利になってしまうということになります。

・実際に年の差で結婚した人達のデータは意外なものだった!
とは言っても、自分が希望している年齢差と同じ年齢差で結婚できるという人が100%とは限りませんよね。
実際に本当に結婚まで至った夫婦の年の差を見てみましょう。

厚生労働省2015年「人口動態調査」のデータから、婚姻届を提出した初婚のカップルに限定で調査してみました。

役所に婚姻届を提出できたカップルとまだ結婚していない男女が望む年齢差を比較してみると、男性の方が4歳年上だったという場合が両方とも6割も締めていることが分かりました。
そして、7歳年上の人の結婚については男性が望む割合よりも少しだけ増えていることが判明しました。

では、一番の違いが出たのはどのパターンだったのかというと、女性が年上のパターンです。
結婚したい年齢層では1割を切っている層だったのですが、実際にカップルになった人達のデータを確認してみると何と24%もいるのです。
そして、男性の希望である4.5歳差の14.5%で、実際に結婚できた人は4.5%に留まっていました。

長期的に結婚の年齢差を見てみると、1975年から2015年までの間に旦那が年上だというのは8割から6割と少なくなっています。
逆に、女性の方が年上だという層は10.3%から24.0%にまで増えているのです。

このような研究から分かったことは、本当に自分が希望している年齢差のマッチングしない人達についても、実際には結婚してみると希望しているような結果にはならないということが分かりました。

-30代の女性が幸せな結婚をするための方法
-, , , , , ,

Copyright© 彼氏欲しいアラサーやアラフォーのための気になる男性の落とし方! , 2019 All Rights Reserved.